看護アセスメント学研究室

更新日2015.09.18

 

研究室紹介

 

 

   看護アセスメント学研究室は、

 

「いつも心に“Why?”と“Better”を」

をモットーに、教育・研究・社会貢献に取り組んでいます。

 

  対象のニーズを看護に必要な理論を用いながら、

 身体的・心理的・社会的側面から包括的にアセスメントし、エビデンスに基づく実践方法を

 研究し、教授しています。

 

 

教員紹介

  

      ►藤内 美保   (教授)

  ►石田 佳代子(准教授)

  ►山田 貴子 (助教)

  ►田中 佳子 (助手)

 

 

 

教育(担当科目)

 

学部

  1年次

ヘルスアセスメント「地域高齢者演習」の風景

   ►看護疾病病態論Ⅰ

   ►看護疾病病態論Ⅱ

  2年次

   ►ヘルスアセスメント

   ►看護アセスメント概論

   ►看護アセスメント演習

   ►看護アセスメント学実習

 

大学院

   ►看護アセスメント学特論

   ►フィジカルアセスメント学特論

 

 

研究

 

学会等で公表している研究テーマ

   ►シミュレーターを用いた呼吸音・心音聴取の効果的な習得方法

   ►介助動作の身体的負担軽減のための効率の良い上肢の力発揮の検証

     -生理学的視点からの改良ー

   ►救急現場における看護師による医療行為の実態と課題

     -三次救急医療に携わっている看護師・医師への意識調査ー

   ►過疎地・無医地区で求められているNP(診療看護師)とは

   ►特定看護師(仮称)導入による役割の効果と課題

     -日本初のNP養成コース修了生の活動に焦点を当ててー         ほか多数

 

卒論テーマ(2015年度)

   ►東日本大震災で被災した子どもに対するこころのケアの内容とその意義に関する文献検討

   ►在宅看護における診療看護師(NP)mp褥瘡のアセスメントと対応

     -2症例の質的分析からー

   ►A看護系大学生における問題解決能力の学年間の比較とその影響要因の検討

   ►避難所における透析患者のアセスメント

     -看護師が重要視することと保健師に期待することー

   ►プライマリケア領域の診療看護師(NP)の活動の効果に関する文献検討

 

 

社会貢献

 

   ►大分県在宅医療従事者質向上事業

   「訪問看護パワーアップのためのフィジカルアセスメント」制作

   ►大分県看護協会「臨床に役立つフィジカルアセスメント」

   ►大分中村病院「フィジカルアセスメント研修」

   ►大分県消防学校消防職員専科教育救急科

    「観察(各種資器材)」   ほか多数