教育目的・担当科目・メンバー

更新日2017.04.01

研究室の教育目的・目標

科学的根拠に基づく看護(EBN)に必要な
 
  生物統計学・疫学の理論を習得し、それらを実際に応用できる情報処理能力を身につけること
 
を目標としています。
 
“講義”と“情報処理演習”を連携させることにより、実践的な能力を獲得できるように配慮しています。
 

研究室の担当科目 

 
■健康情報学  (1年次・前期)
 人間集団の健康に関する各種情報を正しく読み取る能力を身につける。
 
■生物統計学  (1年次・後期)
 健康に関する情報を適切に収集,分析,表現できる能力を養う。
 
■健康情報処理演習  (1年次・通年)
 情報処理機器の活用を通じて,情報を活用する実践的能力を身につける。
 
■看護科学研究  (3年次・後期後半)
 看護研究に必要とされる基本的な考え方,知識,技術を修得する。
 
 

研究室メンバー

教員

教授 佐伯 圭一郎    (Kei-ichiro SAIKI)
准教授 品川 佳満    (Yoshimitsu SHINAGAWA) 
助教 野津 昭文    (Akifumi NOTSU)