卒業研究

本格的な研究活動のスタートとして看護研究の基本を身につけるとともに,4年間の看護に関する学修の仕上げとして,4年生は卒業研究に取り組みます。

約1年をかけて、テーマの選定から論文の作成,プレゼンテーションまでのプロセスを学生一人ずつ行っていきます。

また,卒業研究は(実験研究部門,調査研究部門)の2部門において教員の審査により,それぞれ最も優秀な研究を選出し,優秀賞として表彰しています。

 

(以下,シラバスより)

 


【ねらい】
個々の学生が指導教官と相談のうえ研究テーマを選び、既修の知識・技術をもとに、論文作成・研究発表の体験を通して、研究テーマの中の問題解決や仮説を検証するために必要かつ適切な研究方法とは何かを学び、将来の研究活動の基本を修得する。

 

【科目の概要】
学生は、配属された研究室で教員の提示する研究テーマを参考に、自分の取り組むテーマを選択し、研究方法、論文作成、研究発表の指導を受ける。

 

【授業計画】(平成26年度の場合)
  1. 研究室配属                 平成26年 2月 3日(月)
  2. 卒業研究テーマ提出            平成26年 3月31日(月)
  3. 卒業論文要旨提出            平成26年12月 4日(木:17:00)
  4. 卒業論文提出               平成26年12月  9日(火:12:00)
    発表用パワーポイント締切り             同上
  5. 卒業研究発表会             平成26年12月11,12日(木,金)
 

 

卒業研究タイトル一覧

 

2013
2012年度
2011年度
2010年度.png
2009年度
2008年卒論

  このページには、卒業研究論文のタイトルのみが掲載されています。来館者に限り本学図書館で論文の電子版を閲覧可能です。