2005年度修士論文題目

更新日2015.07.31

研究題目

  • DNA二重鎖切断の修復動態に着目した線量率効果のモデル化とその検証
    ー低線量・低線量率被ばくの影響に関する実験的考察ー
  • 加齢に伴う子宮口の高さの変化とその要因の分析
  • 女子高校生の月経随伴症状とライフスタイル・ライフイベントとの関連
  • 腹部CT検査における画質と線量の最適化
    ー模擬腫瘍入り肝臓ファントム法とシミュレーション法の検討
  • 産褥期入院中における産院ファミリールームの利用とその有効性

 

修士論文、要旨、英文アブストラク集は、本学図書館で閲覧することができます

論文発表
石川 幸、平井伸幸、宮崎文子、稲垣 敦、草間朋子、加齢に伴う子宮口の高さの変化とその要因の分析、助産雑誌 61(8),701-706,2007