予防的家庭訪問実習開始(4/19)

更新日2017.04.21

平成29年度 予防的家庭訪問実習スタート(4/19)

 

 本年度も、野津原地区・富士見が丘団地の実習協力者宅に、80チーム計340人の学生が予防的家庭訪問実習を開始しました。年度の初回訪問には、必ず担当の教員も実習に同行しています。実際の訪問では、健康状態を確認するために、バイタルサインの測定や昨年度の最終訪問からの体調の変化、生活の変化をお聞きしていました。協力者からは「これからも、いつでも来てください。楽しみにしてます。」と笑顔でお言葉をかけてもらっていました。新1年生にとっては「初めての看護学実習」であるため、緊張していましたが、先輩の姿やコミュニケーションの様子をみて「私も先輩のようになりたい」と、今後の実習への意気込みを話してくれました。

 

      

     訪問前に事前カンファレンスをする学生と担当教員      訪問時の様子 協力者と学生