大学紹介

看護アセスメント学

更新日:2020年11月16日 ページ番号:0000043

研究室紹介

研究室紹介の画像

 看護アセスメント学研究室は、「いつも心に“Why?”と“Better”を」をモットーに、教育・研究・社会貢献に取り組んでいます。

 対象のニーズを看護に必要な理論を用いながら、身体的・心理的・社会的側面から包括的にアセスメントし、エビデンスに基づく実践方法を研究し、教授しています。

教員紹介

  • 藤内 美保(教授)
  • 石田 佳代子(准教授)
  • 山田 貴子(助教)
  • 内倉 佑介(助手)

教育(担当科目)

学部

ヘルスアセスメント「地域高齢者演習」の風景の画像
ヘルスアセスメント「地域高齢者演習」の風景

  • 1年次
    • 看護疾病病態論1
    • 看護疾病病態論2
  • 2年次
    • ヘルスアセスメント
    • 看護アセスメント概論
    • 看護アセスメント演習
    • 看護アセスメント学実習

大学院

  • 看護アセスメント学特論
  • フィジカルアセスメント学特論

研究

学会等で公表している研究テーマ

  • シミュレーターを用いた呼吸音・心音聴取の効果的な習得方法
  • 介助動作の身体的負担軽減のための効率の良い上肢の力発揮の検証
    -生理学的視点からの改良ー
  • 救急現場における看護師による医療行為の実態と課題
    -三次救急医療に携わっている看護師・医師への意識調査ー
  • 過疎地・無医地区で求められているNP(診療看護師)とは
  • 特定看護師(仮称)導入による役割の効果と課題
    -日本初のNP養成コース修了生の活動に焦点を当ててー ほか多数

卒論テーマ

2018年度

  • 腱伸張反射の打腱部位と範囲の明確化の検討
  • 南海トラフ地震を想定した大分県内での震災関連死者数におけるシミュレーション
  • 転倒転落リスク場面における看護学生と看護師の注視とアセスメントの特徴
    ―眼球運動測定装置とインタビューより―
  • ストレス軽減に関連する飲料水の温度の検討
    ―体育館を避難所とイメージした場合―
  • ダンボールをマットとして利用した際の快適性の検討
    ―避難所での活用を目指して―

2017年度

  • 災害支援ナースが注目したジェンダーの視点と意識
    ―平成29年7月九州北部豪雨における面接調査より―
  • 看護学生の生活習慣・生活体験とケアリングとの関連
  • 点滴静脈内注射時の視覚データと観察意図における看護学生と看護師の比較
    ―眼球運動測定装置とインタビューより―
  • 看護基礎教育における臨床推論、臨床判断の実態
    ―2年次生、4年次生、看護師の比較―
  • 看護学生を対象としたトリアージ訓練における新書式タグを用いる有用性
    ―一般使用型の消防庁書式タグを用いた群との比較―
  • 日本の南方離島で勤務する看護師が感じている離島で働く上での肯定感と困難感

2016年度

  • 看護師と看護学生の視覚情報とアセスメントの実態
  • 大分県内の災害拠点病院における災害医療需給均衡(RRR:Risk-Resource-Ratio)の検討
    ―南海トラフ地震を想定したシミュレーション―
  • 避難所における災害支援ナースの活動内容と必要な能力
    ―熊本地震における経験に基づく面接調査―
  • 呼吸音・心音におけるシミュレーターを用いた学習効果の検討
    ―分散学習の頻度の比較―
  • 筋萎縮性側索硬化症の患者が経験している困難と心の支え
    ―患者の語りより―

社会貢献

社会貢献の画像

  • 平成25年度大分県在宅医療従事者資質向上事業
    「訪問看護パワーアップのためのフィジカルアセスメント」(2014年制作)
  • 大分県看護協会 臨床看護研修
    「臨床に役立つフィジカルアセスメント 実践編」
    「フィジカルアセスメント 確実に身につくフィジカルアセスメント~呼吸・循環編~」
  • 大分県消防学校消防職員専科教育救急科 講義・演習
    「観察(各種資器材による観察)」(2014~2017年) ほか多数

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)